木下ひろしは、平成7初当選から、半導体の商社勤務の経験を生かして、行政の効率化、ICT活用を推進してきました。

そして、来年春完成する新庁舎には、木下ひろしが訴え続けてきたICTを活用した行政サービスが様々実現することになりました。

・総合防災システム-新庁舎5階の災害対策本部と区内30数か所の小中学校の救援センターとの情報送受信。CCDカメラで救援センター周辺の情報を画像で掌握。

ワンクリックで災害緊急情報を拡声器、Twitter,FaceBookなどSNSに瞬時に情報伝達できる情報伝達システムの実現。

・新庁舎3階の総合受付には、総合窓口システムにより、たらい回しをさせないワンストップサービス体制の構築。

・新庁舎4階の福祉総合フロアには、福祉総合システムにより、障がい者福祉、高齢者福祉、児童・女性福祉それぞれのサービスの申請受付、相談業務の効率化が図られます。

また、区の地図情報=GISを活用した地図情報を広く区民に公開する取り組みも、新庁舎開庁に合わせ、準備が始まっています。

 

木下ひろしがかねてから提案、要望してまいりました、体育館などスポーツ施設の「区有施設申込みシステム」は昨年やっと立ち上がり、家にいながら、スポーツ施設、区民センター等の予約が可能となり、多くの利用者から喜ばれています。

アーカイブ
jwx.jp - このウェブサイトは販売用です! - jwx リソースおよび情報

jwx.jp

このドメインの購入

ドメイン jwx.jp は 699 USDで売り出し中です!